ファイティンカーで絶好調

高く売るために5社以上の査定を利用しよう

一般常識ではこれから新車を購入するディーラーで下取してもらうというのは普通です。その際には値段がつかずタダで引き渡すという流れになることが多いです。本当に値段がつかないのでしょうか?

 

ある話では廃車でも値段がつく場合があるということです。なぜかというと部品を海外に持っていくと、なかなかいい値段で売れるからということです。それだったら事故車でも廃車でもない軽自動車は下取りが0円だとしても部品が売れるのではないのでしょうか?

 

結論から言うと軽自動車は部品でなくてもそのまま売れます。どこに売るかというとガリバーなどの買取業者になります。そのまま買取業者に査定に持っていくのもいいですがもっといい方法がありますので教えていきます。

 

一括査定は流行の車買取サービス

近所のガリバーやアップルなどの買取業者に直接車を持って行って査定するのもいいですが、それよりも簡単な方法があります。ネット上の車の無料一括査定サービスです。しかも無料なので気軽にアクセスできます。まず車のスペックを入力します。たとえば車種・メーカー・年式などです。

 

それを入力すると査定額が出てきて複数の買取業者に査定をお願いすることができます。このサービスのメリットはなんといってもめんどくさい申込がないことです。何社かお願いするときに全ての買取業者に出向くのはめんどくさいですよね。ましてや田舎の方だと買取業者があるところが散らばってますので大変です。その辺一括査定だと一気に複数に依頼できるので時間も労力もないです。車を購入する前には無料一括査定サービスを利用しましょう。

 

買取業者に競争させよう

何社も依頼すれば競争になり自然と高くつく可能性が高いです。実際に私も依頼したことがありますが、だんだん高くなり最終的には最初の査定額より5万円もアップしてました。このように競争させることはオークションと一緒で効果的です。買取業者も商売なので少しでも利益が出るならギリギリでも高く買取して売りたいはずです。こちらはお客さんなので強気な態度で行きましょう。新車の値引きの際もそうです。ライバル車と比較させ大幅値引きを狙いましょう。

 

 

特に、身体障害者でありながら今まで自家用車を運転をしてきましたが、車が老朽化して動かず、自分でも修理や持ち運びなどが困難である場合などにおいては、出張買取のサービスなどがオススメであるといえるかもしれません。

 

また、希望者自身が大変高齢であり、そのうえ住んでいる場所においての土地柄が山間であり険しいゆえに、買取業者の店舗あたりまで持ち運びなどが困難である場合などにおいても、このサービスなどは大変申し込んだりするだけの価値があるものといえます。

 

近年、インターネット回線やモバイル機器などが普及をしたりしていますので、それらを利用したサービスの申し込みなどは必須といえます。これなら時間を気にせずに自宅まで来てもらうのを待つだけですので、とても安心です。

 

また、業者によってはその場での査定に加えて、現金での買取手続きなどをもしてくれたりするところなどもありますので、早めに処分をしたい方などにはそうした業者のほうがオススメかもしれません。

 

人気の買取り車種ランキング

1位 プリウス
2位 アクア
3位 フィット

 

買取業者により買取に力を入れている車種が異なりますが、どこの買取業者も気合を入れている車種はアクアとなります。アクアは発売されて約5年なのでまだ中古車市場に出回っていません。そのためどこの買取業者も欲しい車となっています。アクアの買取もテクニックがあり、それを使えば高額買取も夢ではありません。

 

エクストレイル評判の情報はこちら